トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ubuntu

インストールしたアプリ(10.04LTS)


  • 過去にインストールしたアプリ
    • PCmanFM
    • lmms
    • dvd::rip
    • thoggen
    • libdvdcss2
    • DVDStyler
    • avidemux
    • conky

アプリのインストール

  • ubuntuソフトウェアセンターで検索する。
  • [システム]-[システム管理]-[Synapticパッケージ・マネージャ]から検索してUbuntu用を探す。
  • webで探し、「.deb」にパッケージングされた物があればそれを選ぶ。i386版を選ぶ。Debian/Ubuntuとかになってるような。
  • [アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]から「sudo apt-get install *」と打ち込む。*に欲しいアプリ名を入れる

Lxde

起動

  1. 自動ログインにしてる場合はログオフし、ログイン画面の[セッション]でlxdeを指定。

設定(個人的な設定)

  1. 自動起動するアプリの設定
    1. 直接編集
      1. sudo gedit /etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart
      2. nm-applet を追加。他に習って頭に@を付けるのを忘れず。
    2. GUIから
      1. [設定]-[デスクトップセッションの設定]の[自動的に開始するアプリケーション]より。
  2. スクリーンセイバーをOFF
  3. 共有設定
    1. Nautilusで共有したいフォルダを右クリックして[共有のオプション]でもろもろをインストール。
    2. 有線ネットワークの設定。
      1. nm-appletの[接続の編集]で有線に新規で設定追加。
      2. IPv4設定で[セッション]を手動、アドレスを左から[192.168.*.*/255.255.255.0/192.168.*.1]などにする。*はそれぞれの環境に合わせて数字を入れる。
      3. 接続するにはnm-appletを左クリックして、今設定した接続名を選ぶ。
    3. パネルの設定
      1. 上の方にある[アプリケーションランチャ]で良く使うアプリを追加。

awesome

キーバインド

参考サイト

動作キー
ログアウトWin+Shift+q
ウィンドウを閉じるWin+Shift+C
xterm起動Win+Enter
ウィンドウ最大化(ドグル)Win+m
ウィンドウのフォーカス切替Win+j、k
ウィンドウ位置の入替えWin+Shift+j、k
ウィンドウ幅の変更Win+h、l
ウィンドウの縦割りの数の切替Win+Ctrl+h、l
マスターウィンドウの横割りの数の切替Win+Shift+h、l
表示タグの指定Win+0〜9
アクティブウィンドウにタブを割当Win+Shift+0〜9゜
表示するタブ(トグル)Win+Ctrl+0〜9

使うソフト名

  • nm-applet(通信接続)
  • gnome-volume-control-applet(音量調節)
  • gnome-terminal(端末)
  • xchat-gnome(IRC)
  • firefox(webブラウザ)
  • totem(動画ソフト)
  • gedit(テキストエディタ)
  • conky(システム表示)
  • pcmanfm(ファイルブラウザ)

wine

漢字が□になる

sudo cp /usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-gothic.ttf ~/.wine/drive_c/windows/Fonts
sudo cp /usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-mincho.ttf ~/.wine/drive_c/windows/Fonts

とターミナルに打ち込む。
##参考##
Ubuntu日本語フォーラム / wineで漢字が表示されない

Blocked: wine start /unixとか出る

  • 実行権限源がないだけかもしれないので、起動したいファイルを[右クリック]-[プロパティ]-[アクセス権タブ]の実行という部分にある[プログラムとして実行できる]にチェックを入れてみる。
  • コマンドラインでは、[chmod 755 /home/[ユーザー名]/起動したいファイル.exe]的なことをしてみる。

mplayer

再生中のコマンド

キー動作
アロー→10秒進む
アロー←10秒戻る
アロー↑1分進む
アロー↓1分戻る
>プレイリストの次の曲へ
<プレイリストの前の曲へ
space再生、一時停止
[再生速度を10%遅める
]再生速度を10%早める
fフルスクリーンの切り替え
oOSDを切り替え
Iファイル名の表示
9、/ボリュームダウン
0、*ボリュームアップ

オプション

-fsフルスクリーン
-playlist [playlistファイル]プレイリスト再生
-xy [value]動画をvalue倍

プレイリスト文法

[playlist]
file1=/home/[id]/misic1.mp3
file2=/home/[id]/misic2.mp3
file3=/home/[id]/misic3.mp3

IRC

漢字が化ける

  • エンコーディングを「iso-2022-jp」にする。半角カナと一部の記号はこれでも化ける。

xchatでtwitter

  1. synapticやubuntuソフトウェアセンターでxchatをインストール。
    1. xchat-gnomeではない、ただのxchat。
  2. 1度xchatを起動しておく。
    1. OpenTIGを使う場合(どの設定なのかわからないが、数分で取得がとまってしまう。)
      1. xchatを起動し、[xchat]-[ネットワーク一覧]を開き、[追加]を押して適当な名前、ここでは[OpenTIG]とする。
      2. 今作った[OpenTIG]を選択し、[編集]を押す。
      3. [OpenTIG のサーバー]に[opentig.org/16668]を追加し、[全体ユーザー情報を使う]のチェックを外し、[ユーザー名]にtwitterのIDを記入し、[文字集合]をUTF-8にして、閉じるを押して、接続する。
      4. 接続したら、表示されるURLへアクセスし、そこに表示された数字をxchatに書きこむ。
      5. 続いてパスワードを入力する。(twitterのPASSではない)
      6. ネットワーク一覧に戻り、先程の数字をユーザー名に、パスワードをサーバーパスワードに、書き入れる。
      7. 再度接続しなおして、#twitterに入ることが出来れば設定完了。
    2. py-xchat-twitterを使う場合(xAuthに対応してない?から使えない)
      1. py-xchat-twitterをDLし、/Home/.xchatなどにいれる。
      2. /.xchatは隠しフォルダなので、Nautilusの場合は[表示]-[隠しファイルを表示する]をして、見えるようにする。
      3. /Homeに「.xchattwitt.cfg」というファイルを作る。内容は下記。最初のドットを忘れないようにする。
[twitter]
username = your_twitter_login_name
password = your_twitter_password
channel = your_irc_channel_name
interval = 300
      1. チャンネル設定は#を入れないようにする。
      2. cfgの設定ができれば、xchatでスクリプトを読み込めば使えるようになる。
      3. 起動してすぐTLを読み込む場合は/friends、話すときは必ず/tw をつける。半角スペースも必須。
コマンド内容
/tweet "message" or /tw "message"tweeting
/rt "name" "message"re-tweeting
/dm "name" "message"direct message
/friendsretrieving friends' timeline
/repliesretrieving replies (@yourname) timeline
/follow "screen name"follow a person using the screen name
/unfollow "screen name"unfollow a person using the screen name

gnome-terminal

  • 起動オプション
    • -x (コマンドの指定) 例:$gnome-terminal -x w3m http://www.google.com
    • -num (行番号を表示)
    • +番号 (起動後、行番号に移動)

ImageMagick

画像の回転

  1. cdで画像があるフォルダに移動
  2. 下記のように打ち込む。時計回りに90度回転させる。変換する画像がimg01.jpg、変換した画像がimg01_rotate.jpgの場合。
$ convert -rotate 90 img01.jpg img01_rotate.jpg
  1. 複数の場合、下記の用に打ち込むと、フォルダ内にあるimg01.jpgやimg02.jpgなど*の部分に数字が入ってるもの全てをimg-001.jpgやimg-002.jpgなどに変換していく。
$ convert -rotate 90 img*.jpg img

avidemux

  • 左メニューで出力したい形式を選択する。映像と形式を合わせる。

Adobe AIR

Adobe AIRのインストール

  1. http://get.adobe.com/air/?loc=jpからAdobeAIRInstaller.binをDL
  2. 「端末」を起動し、cdコマンドでDLしたフォルダへ移動する。
  3. 下記のように打ち込む
$ chmod +x AdobeAIRInstaller.bin
$ sudo ./AdobeAIRInstaller.bin
  1. setupが起動したら[I Agree」などを選択してインストールを完了させる。

アプリのインストール

  1. アプリを探し、拡張子が「.air」のファイルを見つける。
  2. 「.air」をDLして起動するか、DLするときプログラムで開くを選び、「/opt/Adobe AIR/Versions/1.0/airappinstaller」を指定して、インストールする。

Conky

設定ファイル

  • デフォだと端末で「sudo gedit .conkyrc」と打ち込むと編集できる。
update_interval 1.0

double_buffer yes
own_window yes

use_xft yes
xftfont Bitstream Vera Sans:size=10

maximum_width 270
minimum_size 180
default_color white
alignment top_right

uppercase no


TEXT
${color #ffcb48}Uptime:$color $uptime
${color #ffcb48}RAM $hr
$color $memperc% ${membar 4}
$color $mem/$memmax
${color #ffcb48}Swap $hr
$color $swapperc% ${swapbar 4}
$color $swap/$swapmax
${color #ffcb48}File $hr
$color${fs_free /}/${fs_size /}$color ${fs_bar 6 /}
${color #ffcb48}Networking $hr
$color Down:${downspeed eth1} k/s - Up:$color ${upspeed eth1} k/s${color grey}
${color #ffcb48}CPU:$color $cpu% ${cpubar 4}

インプッドメソッド関連

mozc

  1. mozcのPPA description項に書かれてることをしとく。
  2. synapticなどからibus-mozcを入れる。
  3. ibusの設定から[インプッドメソッド]タブの[インプッドメソッドの選択]から日本語を選びmozcを選択する。
    1. mozcが選べなければ、ibusの再起動。

9.10以降、インプットメソッドをiBusからSCIMに戻す

  1. Synapticで「scim-bridge-client-gtk」と「scim-anthy」をインストール。
  2. [設定]-[システム管理]-[言語サポート]で「scim-bridge」をが選ぶ。
  3. 反映されないときはとりあえず再起動。

##参考##
ASCII.jp:〜師範! 今日公開のUbuntu9.10を解説してください!〜|行っとけ! Ubuntu道場!

Visualbox

  • 解像度の変更。
  • Guest Additionsのインストール
    1. VisualBoxにubuntuをインストールし、起動。
    2. [デバイス]-[Guest Additionsのインストール]を選択。
    3. [デバイス]-[CD/DVDデバイス]にVBoxLinuxAdditions.isoがマウントされてることを確認。
  • ubuntuでの操作
    1. cd /media/cdrom0
      1. cdrom0で行けなければ。cd /media/VBと入力した時点でtab
    2. sudo sh VBoxLinuxAdditions-x86.run
    3. 適当に放置。コメント書けたらOK。

Home以下のディレクトリを英語名に変えるコマンド

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ローカルでニコニコ動画再生

  • ダウンロード
  • 再生
    • めんどくさい場合、ubuntu-restricted-extrasをいれればよい。
    • flv(Totem動画プレイヤー)
      • ubuntu 8.04LTSだと落としたflvをダブルクリックで開き、アドオンを落とすと再生できる。
      • 再生できない場合、もしかするとそのファイルはmp4かもしれません。
    • mp4
      • flvと同様、アドオンを落とすと再生できる。
      • 又はvlcだとVLC media player for Ubuntu Linuxを参考に、端末などに打ち込んでインストールする。これはアプリをインストールするだけで再生できる。

12.04以降、PAE対応していないと直接インストールできないので確認方法

ターミナルで

cat /proc/cpuinfo | grep pae

[ubuntu]